HOME > プログラム内容

プログラム内容

コース選択をする際には、無理強いをせず、お子様の個性に合わせ、保護者の方とインフォームドコンセントを取った上で個々のカリキュラムを設定します。また「学習ポートフォリオ」では単元別の優先順位を確認しながら学習計画を立て、実施します。「生活ポートフォリオ」ではお預かり中のお子様の様子をご報告いたします。またカリキュラムの随時見直しも行います。

コースのご案内(レギュラー期間)

ご利用の曜日を確定いただきます。
(例)
ご利用の曜日

ご利用時間を確定いただきます。
(例)
コアタイムご利用時間
月~金曜日
13:00~19:00
ピグマAコース6時間
ピグマBコース5時間
ピグマCコース4時間
ピグマDコース3時間

※原則ご利用曜日・時間帯は毎週「固定」です。

カリキュラムの説明

レギュラー期間は通常開室時間(コアタイム)は13:00~19:00(最大22:00)まで、春・夏・冬の長期お休み期間は9:00~19:00(最大8:00~22:00)のお預かり対応が可能です。

年間の開室日・開室時間、レギュラー外の期間等詳細は別途「年間カレンダー」でお知らせいたしますが、基本的に土日祝日・お盆休み・年末年始は閉室となります。

基本は「45分の学習タイム+15分のリラックスタイム」のめりはりのある1クールをお預かり時間内で繰り返す内容になります。ご利用は1ヶ月分の教材量からも週2回程度を推奨します。

「中抜け」にも対応します。基本的にお預かり時間には含まれますが、当グループ施設(サピックスやプリバート)への通塾のみ例外とします。

「毎月の添削」はピグマ先生が行います

子供たちが一生懸命に解いた答案の内容は十人十色です。 ピグマの添削は、一人ひとりの成長を願い、その解答内容に合わせた添削をすることで、学力と学習意欲を高めていきます。 ただ答えを教えるのではなく、考える道筋をしっかりと確認できる指導、そして「ピグマ先生からの返事(添削)が早くこないかなぁ」 と思っていただけるような「子供たちとの対話」を忘れない添削がピグマの添削です。

カリキュラムの特徴

2つのポートフォリオ

実際のカリキュラムはお子様の個性に合わせて保護者の方と十分にご相談の上で設定します。 学習進捗は「学習ポートフォリオ」というカルテで管理、月末にはお渡しします。 また必要に応じて随時見直し、実学年と異なる学年の教材も使用可能です。
日々のお子様の様子は「生活ポートフォリオ」で毎回ご報告します。 お子様からの視点からは楽しく過ごせたか、またシーダーの視点では体調や生活面で感じたことをチェックいたします。

「×」や「点数」はつけません

ピグマキッズではテキスト、ドリル、添削とも一生懸命子供たちが取り組んだ解答に「×」をつけたり「点数」のみで評価はしません。 また「時間で競わせる」「全部をやりきる」のが目的でなく個々の子供に合わせ、「考える」練習を行い、「やった分だけ身についた」「できたらすごい」という姿勢でシーダーが対応します。

「自分の気持ちをことばに出そう」「きまりをしっかり守ろう」がルール

異学年の子供たちが当日担当のシーダーのもと、学習時間、リラックスタイム、おやつの時間もみんなで決めて過ごします。 学習時間は1クール45分としていますが、集中したら一気にやる子、集団学習ですが教室の隅で1人集中力を高めてやる子も、それは自由です。
普段の生活でもルールを守りながら子供の自主性を尊重します。 また夏のお休み期間中の「ピグマ菜園での課外授業」「社会科見学」「各種特別プログラム」は更に子供たちを大きく育てます。

お預かりの内容

行き帰りにおける安全管理について
教室入口ドアはカメラ付きインターホン利用の内カギのみで、部外者はシーダーの確認が無いと教室に入れません。お子様は入退室時に室内のカードリーダーに生徒証をタッチするだけで、出欠管理と同時に電子メールで保護者の方に連絡が入ります。
始まりのリラックスタイム
お母様代わりのシーダーが、ピグマの3C(親子でコミュニケーション、コラボレーション、クリエーション)に基づいて、学校での出来事、楽しかったこと、心配なこと、等の相談や助言のコミュニケーションを行う「これからの時間の準備タイム」です。
私立小学校にお通いで制服のお子様は持参の私服にお着替えも可能です。
終わりのリラックスタイム
楽しかった時間も終わりに近づきました。シーダーと今日の振り返りをしながら、後片付けや、帰宅の準備をして、保護者の方のお迎えを静かに待ちます。また「読書タイム」として備え付けの図書(事典や様々なサピックスブックス)や学校で借りた本等を読むこともできます。
宿題タイム
学校の宿題や課題を行う時間で、最優先で取り組みます。基本科目に限りますがわからない部分のサポートも行います。
ピグマタイム
ピグマの通信教材(算数・国語)を学習する時間です。1ヶ月の教材を効果的に学習するために組み立てた個別のポートフォリオに沿って学習します。進捗によっては宿題で対応することや、延長学習等の対応もいたします。また日々のご要望に応じて随時カリキュラムの見直しを行います。
英検Jr.®タイム
選択者(有料)のみパソコンで英検Jr.®を学習する時間です。半期に1度オンラインテスト受講で達成度合いのチェックも行います。全体のお勉強スケジュールから自宅で学習を続けることも可能です。
  • 1人でゆっくり休んだり、本を読んだり、個性を尊重します。短いコースではこの時間で、優先的に英検Jr.®のドリル&ゲームを行います。
  • みんなでお話ししたり、ゲーム(カードゲーム・ボードゲーム・パズル等)をしたりして協調性を養います。
  • 15時前後(入室時間で異なります)におやつの時間があります。おやつは個別包装されたおせんべいやクッキーなど、飲料は麦茶等、健康、食育面でも推奨のものをご用意しています。
  • また時節の学習も兼ね、「お正月・ひな祭り・こどもの日・七夕・ハロウィン・クリスマス」などは催事とともに関連するおやつが出ます。
通常期の夕食や長期お休み期間の昼食等は、ご希望の場合はケータリング等で取り寄せ可能です。
(食事代は基本、お迎えのときに実費にて精算させていただきます。)

タイムスケジュール例

下記は標準的なスケジュールです。

私立小学校1年生 Aさんの1日

13:00 入室(安心メール)・お着替え・始まりのリラックスタイム
13:30 宿題タイム
14:00 休憩タイム
14:15 ピグマ国語タイム
15:00 おやつタイム・通塾準備
16:00 他の習い事(中抜け)(安心メール)
18:00 再入室・休憩タイム(安心メール)
18:15 ピグマ算数タイム
18:45 終わりのリラックスタイム+帰宅準備
19:00 退室(安心メール)

(注)サピックスへの通塾以外の中抜けはお預かり時間に含みます。

公立小学校2年生 Bさんの1日

15:00 入室(安心メール)・始まりのリラックスタイム・おやつタイム
15:30 宿題タイム
16:15 休憩タイム
16:30 ピグマ国語タイム
17:15 休憩タイム
17:30 ピグマ算数タイム
18:15 休憩タイム+英検Jr.®タイム
18:45 終わりのリラックスタイム+帰宅準備
19:00 退室(安心メール)

私立小学校3年生 Cさんの1日

16:00 入室(安心メール)・始まりのリラックスタイム・おやつタイム
16:30 宿題タイム
17:00 休憩タイム
17:15 ピグマ国語タイム
18:00 休憩タイム
18:15 ピグマ算数タイム
18:45 終わりのリラックスタイム+帰宅準備
19:00 退室(安心メール)

シーダーって何?学習支援をする専門の教育を受けた指導員 算数・国語・英語知的好奇心を刺激する学ぶ工夫がいっぱい! コースのご案内一人ひとりの個性にあわせたカリキュラムを設定

関連リンク Link

代々木ゼミナール Y-SAPIX SAPIX中学部 SAPIX小学部 プリバート pigma
小田急こどもみらいクラブ
SAPIXKids wisdomACADEMY rainbowtree
シーダーを目指したい人 シーダーへのご意見・ご要望
ご意見・ご要望全般